東洋医学が知ってあなたに起こる最大の変化

はじめまして!

当教室のHPにお立ち寄り頂き、誠に有難うございます。

 

オンライン・埼玉・東京で

やさしい漢方ティー教室を

開催しておりますSACHI(さち)と申します。

 

1969年生まれの水瓶座のA型 

猫好き(2匹の白猫がいます)

台湾好き(毎年仕入れに行っています)

食べ歩きが好き、特技は手相を見る事。

 

このページでは私の自己紹介と
あなたが東洋医学を学ぶ事で起こる
最大の変化に付いてお話しさせて頂きますね。

「当たり前」ってなに?

まず私の幼少期のお話しから、

私の父はとても変わった人で
小さな私に(多分、幼稚園時代から)
いきなり理屈っぽい質問を投げかけてくる人でした。

それはどんなものかというと
例えば、

「トイレの後に汚れた手で蛇口をひねって手をキレイ洗うよね、
でもその後に蛇口を触わったらまた手は汚れるんじゃないの?」

とか、


「よく考えて答えて欲しいんだけど
味噌汁は食べ物?飲み物?」

とか

そんな理屈っぽい質問を小さな頃から投げかけられて育った私は
いつしか皆が「当たり前」と思う事を「当たり前」と思えず、

「ナゼそうなのか?」
と常にその理由を探求する子供になりました。


だから宇宙の始まりや自然界の神秘、
古代文明の謎を知る本が大好きで、

逆にアイドルや流行には興味がなく
「ナゼ皆が同じモノを好きになるの?」
それがとっても疑問。

学校でも休憩時間に女子同士が一緒にトイレに行ったり、
同じグループでいつも輪になって「当たり前」の様に

お昼を食べるのかがとっても疑問。

だから当時の私には、
この学びが具体的に何の役に立つのかも教えてくれずに
「そうゆうものだから」「当たり前だから」という理由だけで
勉強する学校はとても居心地の悪いものでした。


だけど

「私が変なのかな?」とか
「馴染まないといけないのかな?」
とは一度思わなかった。

理由は、

「これは絶対に当たり前じゃない!」

何処からか湧いてくる確固たる自信を持っていたから
周りの目は全然気にならなかったのです。


「心眼」を開かせてくれた東洋医学

そして時は流れ大人になって、

「いつかは東洋医学を知れたら良いな・・」
と漠然と思う様になりました。

だけどそれは東洋医学だけじゃなくて、

心理学も知りたかったし
ハーブやアロマも知りたかったし
手相もカラーセラピーも知りたかったし、

今考えれば小さな頃からの
「物事の仕組みや理論、この世の成り立ちに付いて知りたい」
と思う好奇心の1つに東洋医学があったと思います。

でも実は東洋医学を学んだのは一番最後、

興味は有ったけど中々を学ぼうと
行動には移らなかったその理由はズバリ!コレ、

「難しそうだったから」

「はたして私に理解出来るのか・・
理解出来なかったらお金が勿体ないし、
いや、それ以上に時間が勿体ない・・」

ですがある時に東洋医学を学び出す事になったのですが

これがホントに大正解!
東洋医学と出会えて良かった!
私が求めていた答えはココに全て有りました!


実は東洋医学は医学についての教えだけではなく、
古代の賢人が自然界の流れから紐解いた、

「どんなに時代が変わっても絶対に変わらない
森羅万象の真理を教えてくれるもの」
なのです。


そしてこの東洋医学の学びはやがて、
本物を見抜く力「心眼(しんがん)」を
開き、磨いてくれるものと成ります


これは私が長い間探していた
「すべては当たり前じゃない!」
この疑問を紐解く答えでも有りました。

ホントの事、分かってますか?

例えばあなたは

世界のお金持ちわずか上位8人が持っている資産と、
世界の人口の半分の人の資産は同じ、

というお話しを


「そんなのウソ、ウソ」と思いますか?
「そうだろうな」と思いますか?


堀江貴文さん(ホリエモン)の有名なスピーチ、


「インターネットの普及で今、この瞬間も
数人の頭の良い人が勝手に世の中変えている」

このお話しを


「そんなのウソ、ウソ」と思いますか?
「そうだろうな」と思いますか?


風邪薬は風邪を治しているのではなく
風邪のツライ症状を緩和してだけ、
風邪をホントに治しているのは自分の免疫力、

このお話しを


「そんなのウソ、ウソ」と思いますが?
「そうだろうな」と思いますか?


東洋医学を知ってあなたに起こる最大の変化とは

本物を見抜く力、「心眼(しんがん)」を
磨いてくれる事と私は思います

そんな現代にこそ必要な「心眼」を
東洋医学を通して磨いてみたいと思いませんか?

とはいえ、私の心眼もやっと少し開きかけたばかり、

これから東洋医学を通してあなたと一緒に
心眼を磨いて行きたいと心から思っております。